山城での休日に見た大事な諳記

我が国三大山城に数えられる奈良県の高取城址を訪れた。青天で5月にしては暑いくらいの昼過ぎだったが、山城というだけあっておおい茂る緑や木々が心地よい木陰となって快適であった。
愛車を降りて登る山道はかなりの急こう配であったが蔦がからまった石垣が見えると身体のきつさも飛んでいってしまった。
これから城の門址があらわれると石垣だけの城址もともかく城らしく、その大きな石には威容を感じずにはおれなかった。途中には、何人かの登山輩?否城址ファンとすれ違ったが、山城では登山輩のように「こんにちは」と会釈を交わしてくだることがインプレッションを一層爽やかにしてくれた。
道標は「この先350m・本丸」と記されており、嫌がうえにも願望は高まる。
これから座敷と立派でそびえ立つ石垣が現れた。どうもこういう石垣は天守閣が建っていた場所のようである。散策する人の数は少ないが、人の雰囲気も感じられた。天守閣の石垣のお隣の縁側を登っていくとなんとか「本丸址」の要覧板に出会うことができた。
そこは石垣に囲まれた水平で大きい近辺であった。草が覆っているが、茂っているというほど背丈の厳しい草ではないのでラクラク歩き回ることができた。ここまでくると数名の散歩輩の出で立ちがあった。
一瞬見て城址ファンと分かるカメラを構えているヒューマン、小さい石垣の上でゲーム席を広げて弁当を食べている引き取り手など少数でも大人気である。
江戸の元、こういう場所に最適マンションがあって、洋服を着た人達がポリシーを練り、生活していたのだと精神は実例へ飛んでいるみたいでった。
少ない石垣に上ると、少々先に全景の良い近辺があり、そこには父兄と子供たちと見える引き取り手連れが昼飯をとっている出で立ちがあった。
引き取り手連れが帰った後にその近辺へ行ってみた。「あー」と会話をあげてしまった。叫びたくなる絶景である。見えるのは山中また山中であるが、雄大な自然に抱かれる本心であった。
様々なテーマパークや人口の魅力が溢れかえるいま、このように順当を感じられることは何と贅沢なんだろう。そうして、こどもが幼い頃にこのようなうまい近辺で過ごす休暇こそは、鮮やかな記憶として残る引き取り手の時刻を最高に彩ってくれるのだとつくづく思った。
様々な本心を後にして山城跡を下山したが、素晴らしい過去であった。キレイモの全身脱毛は月額制です

農協のグリーンピース

先日農協で、鞘に入ったグリンピースを発見し、購入。グリンピースといえば、缶詰というイメージだったので、珍しく思い、買ってみました。

中のお豆だけサッと茹でて、冷凍しておこうと思ったのですが、お豆を取り出したところで急なお客さんが来て、作業が中断してしまい、そのまま生のグリーンピースは一晩放置されてしまいました。

翌朝、台所に立ち、ようやくグリンピースの存在に気付き、茹でようと思ったのですが、なんとよく見たら、4つのお豆からニョロニョロっと芽が出ているではありませんか!

Close up of soy beans in isolated white background

一瞬、芋虫でもくっついているのかと思い、ギョッとしましたが、芽が出てると気づいたら急にかわいらしく見えて、その4つは茹でないことにしました。

小さな植木鉢に土を入れ、お豆を植え、お水をあげました。その後3日ほど経ちますが、今のところ成長している様子はありません。やっぱり鉢植えではダメなのかなあ?と少しがっか

りですが、せっかくなので、もう少し様子を見てみようと思っています。”